お知らせ

本来ならば神職が政治的な活動をすべきではないと常々思っておりますが、少しでも多くの方々に知って頂きたい事実がございますのでここにお知らせ致します。
なおこの記事は我が同胞よりのメールを転載しております、今後この様なお知らせを折に触れて掲載させて頂く事がございます、宜しくお願い申し述べます。



安倍晋三会長、平沼赳夫顧問の『創生「日本」』が、日韓併合百年の総理談話発表に反対する声明を発表するとともに、反対の署名活動を展開しています。是非ご協力をお願いします。

◆創生「日本」HP

http://www.sosei-nippon.jp/

◆「日韓併合百年」における政府の対応に対する声明

http://sosei-nippon.jp/data/report100805.pdf

◆「日韓併合百年」における政府の対応に対する共同声明

http://sosei-nippon.jp/data/report100806.pdf

◆署名は創生「日本」HPの「賛同者署名フォーム」をクリック。 「セキュリティで保護されたWEBページコンテンツのみを表示しますか?」の警告が出る場合は「いいえ」を選択して下さい。

-------------------------------------------------------------
「日韓併合百年」における政府の対応に対する声明

 政府は、七月十六日、今月二十九日に「日韓併合百年」を迎えるに当たり、菅首相の「談話」を検討している旨、明らかにした。
 また、仙谷官房長官は、同月七日、同じく「日韓併合百年」に当たり、韓国との戦後処理の問題につき、「法律的に正当性があると言って、それだけで物事は済むのか」とし、日韓関係の改善に向け「新たな個人補償」を政府として検討するが如き考えを示した。

 しかし、もしこのような方向で政府の対応がなされるとすれば、ことはきわめて重大である。

 まず第一に、歴史の評価は基本的に歴史家に任せるべきであり、歴史認識について政府が特定の認識を示すことは慎むべきである。政府の見解であれば、真実の探求よりも、外交的、政治的配慮に重点を置かざるを得なくなるのは自明の理である。また、このような配慮によって問題が決着しないことは、過去の河野談話、村山談話の経緯が示すところでもある。

 第二に、韓国との戦後処理の問題は、既に日韓請求権協定において、「両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題」は「完全かつ最終的に解決された」とされている。「新たな個人補償」の可能性を提起すること自体、この原則を覆し戦後処理の根幹を否定することであり、わが国民が放棄した請求権を含め、解決した問題を再び蒸し返すことにもつながりかねない。

 「日韓併合百年」に当たっての政府の動きは、両国関係を損いこそすれ、何ら益するものではないのみならず、国民や歴史に対する重大なる背信でもあり、断じて容認できるものではない。

 われわれはかかる動きは断固として阻止されるべきものであることを表明し、国民に対し広く呼びかけるものである。


  平成二十二年八月五日
                      創生「日本」
-------------------------------------------------------------
共同声明

私たちは、創生「日本」の声明(別紙)を踏まえ、「日韓併合百年」に当たり、菅総理が「談話」を軽率に発表しようとすることに対し断固反対を表明するとともに、広く国民の方々に反対運動を呼びかけるものである。


平成二十二年八月六日

(賛同者)
たちあがれ日本代表平沼 赳夫
日本創新党党首山田 宏
創生「日本」会長 安倍 晋三
神奈川県知事 松沢 成文
埼玉県知事 上田 清司
前横浜市長 中田 宏
ジャーナリスト 櫻井 よしこ
杏林大学名誉教授 田久保 忠衛
京都大学大学院教授 中西 輝政
高崎経済大学教授 八木 秀次

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック