神社参拝の作法  第1回

画像第1回目の今回は、参拝する前に身を清めるために行う「手水」の作法をご紹介します。神社に参拝されますとお分かりになると思いますが、参道に手水舎という水の出ている所がございます。参拝前に手と口を漱(すす)ぐために設けられており、簡略化された身禊(みそぎ)を行います。
画像手水舎の前に進み一歩


手前で立ちどまります。


そこで一礼をします。そ


の後、一歩進み柄杓(ひ


しゃく)を手に取ります。

                                                        …  左下に進む。





画像

柄杓を右手に持ち水を汲みます。



まず左手を漱ぎ、柄杓を左手に持ち替え次に右手を漱ぎます。



次に柄杓の水を左手に受け、その水を用いて口を漱ぎます。

(柄杓に口を付けてはいけません)


画像

再び左手を漱ぎ、最後に柄杓を立て、残った水で柄杓の柄を清めます。



一歩下がって手を拭き、一礼をして手水を終わります。



水が無くなりましたら適宜汲み直していただいて結構です。

(私は一杯で済ませます)


以上が手水の作法です。次回の神社参拝の折に、実践されてみては如何でしょうか。
ただ前述しましたが、柄杓に直接口を付ける事は厳禁です。衛生上よくありませんし、次の方にも迷惑が掛かりますからね。

質問がありましたら、メッセージからお問い合わせください、解かる範囲でお答えします。但し、更新が不定期ですので回答が遅れる事もございますので、予めご了承ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック