十一月一日 … 今月の言葉

画像生命の言葉

親思う 心にまさる 親心
 今日の音ずれ なんと聞くらむ



親はどのような気持ちで子どものことを思っているのか。親というものは子どもが親を思う以上に、子どものことが気にかかるものである。

 -吉田 松陰-

天保元年~安政六年(1830~1859)。江戸時代末期の勤王の志士、思想家、教育家。長門国(山口県)萩で長州藩下士の杉田百合之助の次男として生まれた。天保五年(1834)五歳のときに山鹿流兵学師範で叔父の吉田大助の養子となる。安政四年(1857)松下村塾を開塾し、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文などを教育した。安政の大獄により江戸の伝馬町牢屋敷へ送られ、安政六年(1859)刑死。明治十五年(1882)東京都世田谷区に松陰神社が創建された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック