終戦の日に当たって

 前回の更新の折に、菅首相の談話に対する反対署名についてのお知らせを致しましたが、残念ながら閣議決定されてしまいました。憤りを禁じえないのは拙だけではないでしょう。
 この政権は日本をどうしたいのでしょう、中国や韓国の属国にでもしたいのでしょうか。自虐的歴史観を持った人達にこの国を任せるのは如何なものか、稚拙な政策ではこの国を正しい道へと舵取りは出来ないと思います。
 外務大臣が口火を切り、その後「閣僚全てが8月15日の参拝はしない」と発表しましたが、先人に感謝も出来ない内閣にこの国は任せられないと思います。

 一方、自民党谷垣総裁は靖国参拝を表明されていますが、多少なりとも溜飲が下がる思いです。


 政治の話しは程々にして、お時間のある方は是非とも靖国神社へご参拝ください、そして今ある日本の繁栄と平和の礎となられた方々へ感謝の誠を捧げ、日本国をお護りいただけるようにご祈念ください。
 英霊は嘆いていらっしゃる事と思います、日本中が静かに哀悼の意を表すべき日に国民挙って先人に感謝できない今の日本を作るために命を捧げたわけではないと。
 拙は本日、正式参拝をさせて頂く為に靖国神社へ行ってまいります。そして日本の国を正しい道にお導き頂ける様に祈ってまいります。神道には遥拝といって遠く離れたところから、心を以ってお祈りする方法があります。ご自宅からでも結構です、英霊に哀悼の気持ちをお示し頂けましたら幸甚に存じます。



 余談になりますが八月十五日は本来日本の停戦が決まった日で、本当の終戦は九月二日に日本政府の全権大使・重光葵外務大臣がミズーリ号艦上で、降伏文書に調印した時が終戦になります。しかしながら昭和大帝陛下のご英断所謂『玉音放送』が当時の人々に大きな衝撃を与え、その日を終戦記念日としたことが今に伝わっているのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック