八月一日 … 今月の言葉

画像
生命の言葉
世々(よよ)のおやの 御かげ忘るな 代々(よよ)のおやは 己が氏神 己が家の神


玉鉾百首の一首。先祖の恩を忘れてはいけない。ご先祖さまは自分たちの氏神、家の神である。常に先祖を敬い感謝をしてこそご先祖様は守ってくださる。

-本居宣長-

享保十五年(1730)~享和元年(1801)江戸後期の国学者。伊勢松坂の木綿業 小津定利(おづさだとし)の次男。宝暦十三年(1763)賀茂真淵(かものまぶち)に入門。さらに上古学に傾注して『古事記伝』を完成。古道論 『直毘霊(なおびのみたま)』 学問論 『初山踏(ういやまぶみ)』 随筆 『玉勝間(たまかつま)』 などを著している。



※補足
現在は町や地域を守る神社を氏神さまと言うのが慣例になっていますが、本来そのような神社は産土神社と言い、分かり易く言えば鎮守さまのことを産土神と言います。
そして氏神とはその一族の祖先神を祀る神社を表す言葉です。奈良の春日大社は藤原一族の氏神として知られています。
今月の言葉は、ご先祖様はそれぞれの家の祖先神であり、辿れば氏神様に繋がっている事を説いています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック